菜食主義で気をつける事

菜食主義or肉食主義


菜食主義になる人は、生き物を殺生する事を嫌う事が原因だったり、消化と美容などの健康を考えてスタートしたりと、きっかけは様々だと思います。

自分が野菜を作っていて言うのもなんですが、野菜だけで栄養を全て取ろうとするのはとても難しいと思います。あと、体質と環境もあると思います。野菜、果物、穀物は、カリウムバランスが高いので、体が緩んで冷える方向にあります。体が冷えやすいのです。(東洋医学の陰陽理論的に言うと。)

日本みたいに、寒暖の差がしっかりしている地域では、寒い時は体が温まるもの、暑い時は体が冷やしてくれるものをうまく摂取した方が良いです。

菜食を続けていて体の調子がよくならない人は、肉や魚も食べた方が良いと思います。腸内細菌のバランスが菜食だけでは合わないのだと思います。

もちろん、菜食のほうが調子が良い人は菜食で良いのだと思います。日本だって、近代になる前なんかは菜食の人が多かったですし。そういった素養がある人は菜食の方が合っていると思います。

乳酸菌は腸まで届かない


腸内の細菌を増やすという目的を考えた場合には、繊維の多い野菜や果物を食した方が良いです。乳酸菌を経口してもそのほとんどが胃酸で死んでしまいますので、腸内フローラを多様化させようと思ったら繊維質の多いものを食べた方が良いと言えます。「乳酸菌は腸まで届かない」のです(笑)

オリゴ糖や人参などの、乳酸菌の栄養になるものを摂取した方が良いです。

植物にも知性がある?


動物を殺すのは可哀想だという理由で、菜食主義になる人の多くは、動物には知性があり苦しみを伴うからと思うのでしょう。きっと、動物に同調できその動物の気持ちがわかる人だと思います。

しかし、植物にも知性があり植物間でコミュニケーションを取り合っている事が、最近の研究ではわかってきています。だから植物とも友達になれる可能性は十分にあります。相手を理解した上で、お互いの成長を認め合うのが友達という定義ならばできると思います。

スピリチュアル的に、より高位の存在を目指す(もしくは魂を清らかにする)ために、菜食のみを選んでいる人もいますが、植物の声もぜひ聞いてほしいと思います。彼らの意思や思いが。聞こえてもなお、植物だけ食して良いという結論になるのかどうか?私は非常に興味があります。(笑)

不食の人も世の中にはいる


他の生物を自分のために犠牲にしたくなければ、何も食べないのが一番良いと思います。

実際に不食の人って日本にも何人かいますよね。そういう人はプラーナ(気)を食べているらしいです。

なんかそっちのほうが人間ばなれしていて高次の存在っぽくないかな?

ちなみにかの有名なヒットラーも菜食主義者なのは有名な話です。菜食だから、暴力的で残虐にならないというわけではないという一例だと思います。

そして高次元の存在の声ばかり聞こうとして、身近な生物の声が聞けない人間になる事はとても危険で、ひどい場合は身近な一番信頼して協力しないといけない人間の声まで聞こえなくなってしまいます。

それはあまりにも健康的では無い気がしています。

人間の身体が何でできているかを考える


美容とかを考えた時にも、たんぱく質やミネラルや脂質を直接、肉類から摂った方が効率が良いのです。たんぱく質の方が野菜や穀物に比べて消化する時間が少ないので、エネルギー消費も少ないです。

人間の肌や髪の毛などはたんぱく質や脂質ですし、神経伝達物質だって脂肪とアミノ酸、酵素もたんぱく質。もともとは、たんぱく質が分解されたアミノ酸なのです。

そして人間の体の構成比率的に、たんぱく質の量が一番多いのです。ちなみに脳みそは脂質です。

だから野菜や穀物ばかりではなく、お肉や魚も食べた方がてっとり早く栄養素がとれると面倒が嫌いな私は思ってしまいます。もちろん、今の畜産の事情から抗生物質やらホルモン剤とかが使われていないお肉や魚を摂ることが前提となりますが。

ということで、野菜を作っている農家が言うのもなんですが。

肉や魚などもバランス良く食べましょうでした。

関連記事

  1. 免疫機能を高める食事とは?

  2. デトックス食材としてのタマネギ

  3. 冬の冷え性とダイエットを考える。

  4. 血液をきれいにする食べ物

  5. ストレスによる食べ過ぎを防ぐダイエット方法

  6. 脳内伝達物質のセロトニンを増やして、頭スッキリ快適に生活をす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031