秒速で結婚する方法

現代の結婚へのハードル


今の貧困社会では、結婚が贅沢な選択となっているようです。
結婚生活のお金が心配という事で結婚しない人が日本では増えている一方で欧米諸国でも婚姻率は下がっているが、事実婚(同棲)を選ぶ人が多いらしいです。
事実婚を選ぶ人が多いのは、社会保障の違いがあると思いますが、経済的にどうこう関係なく男女やパートナーと一緒に暮らす事が自然だと感じているのではないか?と思います。
外国と違って日本は結婚・同棲する人は少ないが、結婚同棲をしたい人の割合は諸外国より多いらしいです。これは面白いですよね。結婚したいができない・・・と思う人が多いのでしょうか。
戦前戦後は、お金なくても、男女一緒に暮らして、子ども作って・・・という家族がいっぱいいたと思いますが。今は違うようですね。

お金を持っていて社会的なステータスがないと、異性に声をかけられない?
もしくはそういったものが無いと異性に興味を持ってもらえない?

そういった観念なのでしょうか?なかなかアプローチができる人が少ないようです。

人間以外の動物における結婚は性交して子どもをつくって、ある程度大きくなるまで同じユニットで暮らす事だと思います。日本の場合は、市役所の婚姻届にサインして出せば良い(結婚成立)というとても簡単な事だと思います。「結婚する」ということだけを考えると、簡単に結婚はできてしまうと思います。婚姻年齢に達した二人が書類にサインするだけで成立しますから。

しかし、両家の親族とも家族になり家を存続しないといけないという、昔の家制度に基づいた概念がまだどこかで無意識に残っているので、相手との家の事を考えてしまって「煩わし〜い」と思ってしまったりもします。苗字を変えるとか変えないとかいった問題もそういう名残ですしね。

結婚をして幸せになるという概念


現代は「結婚をして幸せになる」というマーケティングに成功していると思います。(リクルート?)
昔は結婚って家が生き残るためだったり、社会的な要請だったりしていたと思います。
家を存続させ、自分が嫁いで食い扶持を確保するということでもありました。

現代の日本ではそう言った風潮は、田舎では多少残ってはいますが、そんなにその風潮に合わせなくてもよくなっていますよね。だから家系を守るために、結婚しなくては。とか、嫁いだからには男の子を産まなくては。などといった概念は消えつつあると思います。

現代は、お金で人との付きあいの煩わしさをある程度解消できますし、嫌なコミュニティーに縛られなくても生きていく事が出来てしまうようになってきました。それに慣れてしまったので、パートナーの親と付き合う事って余計な人間関係が増えるだけだと感じる傾向にあります。

しかし「結婚したら幸せになれる。」という事は、「何かを達成しないと幸せを感じない」という事のようにも感じます。そうすると結婚は手段になり、結婚するパートナーも手段のための道具。という風に捉えられなくも無いと思います。

実際のところ、結婚しても、煩わしい事は無くならないですし、嫌な事も倍になるような感じしませんか?(笑)
結婚式の時は華やかで幸せ感いっぱいだったのに。
結婚式で幸せ感がピークアウトするケースは多々あると思います。

ただ、一緒に生活していると嬉しい事があった時の喜びも倍になる感じもあると思います。

居心地の良いコミュニティーづくりをすれば良いと思います


結婚が面倒くさいと思う時代になりましたが、その反面、無意識に感じている孤独も増えたことは間違いないと思います。だから、最小単位でも居心地の良いコミュニティーをつくっていく事は、これからの時代必要になるのではないかと感じています。
それは異性でなくても同性でも良いと思います。お金がないから結婚できない。と言う人いますけれど、逆だと思います。【お金が無いからこそ、協力できる仲間を増やすこと】が必要だと思います。その一つの方法に【結婚】があるのでは?と思います。

結婚すれば勝ち組?子どもがいれば勝ち組?


人から認められるものがないと、自分には価値がないと思ったり、他人が幸せと感じる条件に自分が当てはまっていないと、自分は幸せではないと思ったりと、自分の自我や本音・感情が、他人によって奪われている人って結構多くいると思っています。
「結婚して子どもがいれば勝ち組よね〜。」とか普通に言う人もいます。

これって、自分では無い他の誰かに埋め込まれた基準(価値観)だったりします。人の人生に勝ちとか負けとかないですし、価値を決めるのは自分じゃないかなと思います。
これは多分、幼い頃からの教育で、一定の基準の中での評価システムに慣らされてしまって、これやらないと親に褒めてもらえない、とか、あれやらないと先生に認めてもらえない。とか、条件達成型の承認に怯えて育っている人が多いからだと思います。

その条件から外れる自分はダメなやつだみたいな。。。
真面目な子ほど、自分を責めてしまいます。

親から押しつけられた価値観は大人になっても続く


私の知人で、小学校の頃からお調子者で、学校の成績もあまり良くなくて周りからも頭が良くないと言われていた子がいたのですが、その子は高校時代から職人として働き、今では一人親方で自分で仕事を作って頑張っている人がいますが、未だに「俺は頭が悪いから」とか言っていたりします。これって呪いですよね。

そして違う知人は、一流企業に勤めていて、役職もある人がいますが「あ〜、会社辞めたい」とか「俺は社畜だ」と、会うたびに言う人がいます。
会社辞めたければ辞めれば良いのに〜。と思ってしまいます。

前者の知人は、学校の成績が悪い=頭が悪いというわけのわからない他人の物差しにしばられてしまっていて、もっと拡がる可能性に蓋をして。後者の知人は、一生懸命、社会が要請する基準をクリアーしてきて、他人の物差しに合わせる能力はあっても、自分の気持ちや感情を信じて動く事が出来ない。という呪縛に囚われているという感じです。

どちらも、社会的には年収もあり家庭もあってしっかりしていますが、今まで経験してきた教育によって今の目の前で起きている事に幸せを感じる事が出来なくなっているようにも思います。

何もなくても幸せを感じられる人の強さ


結婚をした相手、もしくは一緒に生活する相手が、根拠のない幸せを感じられる人だった場合、メリットがとても大きい。
自分自身が、すぐに先の事(見えない未来のこと)を心配して不安になったり、他人の価値観を達せられていない自分を卑下してしまったりした時、とても辛い事があった時でも、そう言った人がそばにいるだけで、心の回復が早かったりします。
例えば、悩んで頭を抱えていても、相手が「そんなこと気にしなくても、今、幸せじゃん~♪」と言われると心が軽くなったりすることって・・・ありませんか?

人は、近くにいる人を見ているだけで、その人の感情に同調してしまう能力(ミラーニューロン)があるので、いつも幸せな人のそばにいる事って物事をうまくこなしていくために必要不可欠だと思っています。(逆は最悪です・・・。)

根拠のない幸せを感じられる人って、人生をうまくいかせたい人にとってはとても必要な存在。(笑)

マイナスな感情にとらわれ続けてしまうと、マイナスな事象が目の前に起きやすいし、世界がマイナスな事象で満ち満ちて見えてしまうので、それを解消するために意識的に頑張れば頑張る程、深みにはまる感じがするのは私だけではないと思います。
そういう時に根拠のない幸せを感じられる人はいろんな人に求められるようになると思います。
その人と一緒にいるだけで、実は人生のリスク(マイナス側面ばかり気になる)などが軽減される可能性はとても高いと思います。

感情の振り幅が少ない人の方が求められる!?


ぼやっとしていたり、おっとりしていたりする女の子がすぐ結婚してしまったりすると、「私の方がしっかりしていてまともなのに、なんであんな子が結婚できるんだろう、きっと男は見る目がないのね!騙されているのよ」と思う事ってあると思うのですが、(偏見?)実は、ぼーっとしている子って、あまり何にも考えていない事が多いのではないかなと思います。(これも偏見かな!?)

その何も考えないって、実は最強です。

現代人の多くは、いつも何かを考えさせられている状態の人が多いですよね。
いつも先(未来)の心配をさせられて、これが足りない、あれが足りない、これをしないと幸せになれないと、考え事が頭の中から消える事が少ないと思います。

いつも、何事もそつなくこなす人って、そつなくこなすために、じつは頭の中がいつも発火しているので、周りにピリピリした雰囲気を与えてしまいますし、それを見た周りの人もピリピリとなったりします。悪循環ですよね。すべての物事を完璧にこなそうと気持ちが張っているのです。
これも、人から求められる事をこなさないと承認されない、存在を認めてもらえないという恐怖だと思うのですが。

何も考えない、考える時間が少ない人って、そういった人に比べると頭の中も無駄に発火していないのです。(でも実際は無意識がいろいろな処理をしているので、厳密には考えてないというより意識的な思考をしていないという感じでしょう。実は無意識の計算の方が意識より速いのです。)

頭の中がシーーンとしている状態って、とても幸せだと思うのです。
ヨガの行者の人の脳波って、アルファー波よりさらに振動数の少ないシータ波だったりします。そして行者さん曰く、瞑想をしている時はとても気持ちが良く幸福感に満ち満ちていると。

ただ座って、呼吸しているだけでですよ。(笑)

人って、ただ座って、呼吸しているだけで幸せになれるんです。
(もうホルモン分泌の問題ですね。)

幸福感溢れる人は行動力がある そしてモテる


だから、人ってすぐ幸せを感じる事ができます。幸せを感じない人って、周りからの情報に惑わされているだけですし、幸せではない自分と同じような人に「あなたも足りてないことが多くあって不幸せなのよ。」という刷り込みをして足を引っ張る行為にとらわれているだけだとも思います。

何もなくても幸福感を感じられていると、逆にいろいろやってみようかな?という気持ちにもなるし、そういう人は、自分の感情を抑圧して、自分に欠けているものを埋めようと必死な人からしてみたらとても魅力的に見えるのです。(もしかしたら嫉妬されて攻撃を受けるかもしれませんが、笑)
そして、自分の感情を抑圧して社会的自我に自分を当てはめようとする人が、大多数の今の日本だからこそ求められる人だと思います。
別の言い方で言えば逆張りです。
この逆張りは結構リターンが大きいと思いますよ。(笑)

結婚して幸せになる

のではなくて、

幸せだから結婚できる

のだと思います。

だから結婚しようと思ったら、相手を探すよりも幸せを感じる感性を伸ばした方が良いと思います。
条件なし、承認なしでただ自分が自分の感性のままに幸せを感じるだけ。条件評価システムに慣れすぎた私たちの年代の人にはハードルは高いかな?

すごい独断と偏見ですが、
以上、秒速で結婚する方法でした。

ヤバイTシャツ屋さん – 「ハッピーウェディング前ソング」Music Video

参考文献
なぜ、人間の性は奇妙に変化したのか ジャレッド・ダイアモンド著
ホモサピエンス全史 ユヴァル・ノア・ハラリ 著
ミラーニューロン ジャコモ・リゾラッティ著
交際・結婚の国際比較 内閣府

関連記事

  1. ひまわり

  2. 単一作物を作るのと、植民地政策は似ている

  3. 野菜だってストレスを感じる。

  4. 踏み絵のように…👣

  5. 野菜に知性はあるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031